赤ちゃんの病気 内容のご紹介

生まれたばかりの赤ちゃんは、胎内にいたときに母親からもらっていた免疫が効いている数ヶ月はあまり病気にかかることはありません。
しかしその免疫の効果がなくなり、赤ちゃんが自分で免疫を作ることができるようになるまでは、ご両親が赤ちゃんを病気から守らなくてはなりません。

赤ちゃんをもって始めて知る病気、病名はたくさんあります。
特異な症状があらわれることが多く、どの病気にかかってしまったのかなど、病気に関する様々な知識が必要になってきます。

症状から何の病気であるか判断し、病名がわかれば適切な治療方法、予防方法がわかります。
治療方法や予防方法がわかれば安全に、そして迅速に赤ちゃんの回復を助けてあげることができます。

カテゴリー

赤ちゃんの病気について
赤ちゃんの抵抗力は、か弱いものです。大人は病気になると自分で症状を説明することができますが、赤ちゃんは泣くしかありません。そのため、ご両親や周囲にいる人がしっかり判断する必要があります。一番かかりやすいのは風邪ですが、悪化させない限り、実は風邪は免疫力の向上に役立っているのです。
季節によってかかりやすい病気
日本には四季があり、一般的に夏は暑く冬には寒くなります。 暑くても寒くても、抵抗力があまりない赤ちゃんにとっては病気にかかりやすい時期といえます。 夏、冬それぞれに特有の病気があります。病気の多くは感染しても一定期間を過ぎれば回復しますが、病気にかかっている間は適切な対処と治療が必要です。
新生児がかかりやすい病気
新生児の間は、特に注意しなくてはいけない病気が多く、その中には赤ちゃんの将来にかかわる怖い病気もあり、場合によっては入院して専門の医師による治療も必要になることもあります。 赤ちゃんのどんな小さな変化も見逃さない、というくらいの思いで赤ちゃんの成長を見守っていきましょう。
赤ちゃんがかかる神経、脳の病気
神経、脳の病気は、処置が手遅れになったり誤ったりすると、重大な障害が残る危険性があります。 普段から赤ちゃんの様子をよく観察するとともに、どのような病気があるのか、症状や治療方法の知識を増やしておきましょう。
赤ちゃんがかかる心臓、血管の病気
心臓は、右心室、左心室、右心房、左心房の4つの部位からできており、新鮮な血液を全身送るためのポンプで、人間の臓器の中で最も大切な役割を果たしています。 この心臓の機能がうまく働かない赤ちゃんがいます。
赤ちゃんがかかる血液の病気
赤ちゃんがかかる病気で、他に注意する必要があるのは血液の病気です。 ここでご紹介します症状や治療法を知識の一つとして覚えておきましょう。
赤ちゃんがかかりやすい皮膚の病気
赤ちゃんの皮膚は大変デリケートで、ちょっとした刺激に過剰に反応します。いろいろなことに気をつける必要はありますが、大事にしすぎるのも、皮膚の抵抗力をつけるのには妨げとなってしまいます。